Webバナーとは

HOME » WEBバナーデザイン » Webバナーとは

Webバナーとは

インターネットが世界的に普及し、私たちの生活にも日常的にインターネットが定着していますが、そんな中自分でも積極的にサイトを立ち上げて運営するケースが多くなっています。
自分のサイトを立ち上げること自体、ひと昔前と比べてもかなりやりやすくなっていて、わざわざ自分でサーバーを構築したりしなくてもプロバイダからレンタルサーバーを借りれますし、固定ipも取得できるので、それほどたくさんの知識がなくても運営はできます。
またビジネス利用でインターネットを使うにしてもいろいろなサービスがありますし、プロバイダや回線元のサポートが受けられますので、個人的に事業を立ち上げることも難しくなくなったのです。

そういった状況の中で自分のサイトを立ち上げる人が増えたのですが、自分のサイトを立ち上げるときに情報収集していると必ず目にするのが「Webバナー 」というワードです。
Webバナーとは簡単に言えばインターネット上の広告用看板のようなもので、普段インターネットをしている人なら必ず一度は目にしています。
Webバナーとはサイトに貼り付けて合ってクリックすると広告元にリンクするようになっているもので、いろいろなサイトにいろいろなWebバナーが貼り付けられています。

あ、これの事か!と納得した人も多いと思いますが、Webバナーの宣伝力は非常に高く、これを利用して多くの収益を得ている人もいます。
いわゆるアフィリエイトという方法なのですが、これはサイトにWebバナーを貼り付けて、クリックしてもらうことでお金が発生するというシステムになっているので、人がたくさん訪れるサイトにWebバナーを貼り付ければその分クリックしてもらえる可能性も高くなりますから、大きな収益を得られるかもしれません。

もちろんすぐにうまくいくわけではありませんので、作成したからとりあえず貼り付けてみようということではなく、ターゲットをどういった層にするのかきちんと見極める必要があります。
なぜなら広告はニーズに合った場所になければその効果が半減してしまいますし、まったく関連性のないところにあっても人は関心を持たないからです。

たとえば美容系の情報収集をしたいのに食品に関する広告を見てもあまり興味は惹かれませんし、場違いな広告はかえって邪魔になってしまいますから逆効果にもなります。
またあまりにもたくさんのWebバナーがあるとサイトそのものが見にくくなってしまうので、その点も注意です。