Webバナーのデザインのコツ

HOME » WEBバナーデザイン » Webバナーのデザインのコツ

Webバナーのデザインのコツ

自分のホームページや他人のホームページに作成したWebバナーを使いたいと考えている人も多いと思いますが、そのために重要になってくるのがデザインです。
まずWebバナーって何?という人のために簡単に説明すると、これはホームページ上に貼り付けられている広告のことで、たとえばヤフーのトップページを見てみると広告がありますが、それがWebバナーというものです。

Webバナーはいろいろなホームページで使われており、広告元のサイトとリンクしているのでクリックすればそのまま飛ぶことができるため、広告としての効果も得やすいだけでなく需要があると利用者にとっても嬉しいものです。
たとえば美容系のホームページで化粧水などを探していたときに、魅力的な関連商品のWebバナーを見つけてクリックしてみると、自分の求めていた商品があったというケースもめずらしくありませんし、需要とマッチした広告作りができればとても大きな効果が期待できるでしょう。
Webバナーをクリックすることによって1クリックいくらという具合にお金が発生する仕組みになっているところも多いので、魅力的なWebバナーを作ればそれが直接自分の収入源に繋がる可能性もありますから、大きなチャンスにも繋がります。

効果的なWebバナーを作成するにあたってデザインのコツをひとつお伝えすると、まずは何と言っても見やすいこと、人の目を引きやすいデザインにすることがポイントになります。
人の目を引きやすいデザインとはただ単に派手にするのではなく、必要なワードを入れたりして相手にクリックさせたいと思わせることが大切です。

たとえば育毛剤の広告だと「必ず生える」だとか「発毛率〇〇パーセント」といった育毛剤のユーザーが気になるワードを端的に掲載して目を引かせる努力をしています。
特段長い文にする必要はありませんし、むしろひと言でインパクトのあるワードにしたほうが人の目も引きやすいですし目立ちますので、おすすめです。

さらにデザインのほかにもどこのホームページにWebバナーを掲載するかが重要で、ここを間違えてしまうとクリックしてもらえる確率はかなり下がります。
女性向けの美容系ホームページにも関わらず、男性向け育毛剤のWebバナーを掲載しても、そのホームページを訪れるのは女性をターゲットにしている分女性が多いと思いますので、男性の育毛剤には興味がない人がほとんどでしょう。
このように需要に合ったところに掲載するのがポイントになります。