Webバナーのレイアウト

HOME » WEBバナーデザイン » Webバナーのレイアウト

Webバナーのレイアウト

インターネット上がマーケットの主戦場となってずいぶん経ちますが、マーケットの主戦場になっている場所で重要になることと言えば「いかに効率的かつ効果的に宣伝をするか?」という点ではないでしょうか?
これは商品を売りたい側ももちろんですが、魅力的な商品と出会いたい希望を持っているユーザーにも言えることなので、需要と供給がピタッとハマるような工夫をしていかなければなりません。

現在、インターネット上の宣伝手段としてWebバナーという選択肢がありますが、これは普段ネットサーフィンをする程度の人でも必ず目にする機会があります。
簡単に言えばホームページに貼り付けてある広告のことで、クリックすると広告元のサイトへリンクするシステムになっており、そこから直接買い物もできてしまいます。
ですから興味を持ってもらえばその商品を目的にホームページを訪れたわけではなくても、結果的に宣伝効果によって商品が売れる可能性がありますし、そのWebバナーが魅力的であればより多くの可能性が生まれます。

それではどのようなWebバナーを作れば効果があるのかと言うと、まずは「どんな層をターゲットにしているのか?」という点で、これは貼り付けるホームページをどこにするのかというところにも大いに関係してきます。
Webバナーを作るときにはできるだけ興味をそそられるようにしなければなりませんので、貼り付ける場所も重要になります。
Webバナーのレイアウトを決めるうえでまずポイントになるのがテキストと画像を分割して配置する(縦半分・横半分)こと、全面に画像を配置してその上にテキストを載せる、複数の画像を並べることがあげられます。

Webバナーの大きさについてはたとえばアフィリエイトプログラムを提供しているA8netというところであれば【80×60】【88×31】【100×60】【100×100】【120×60】【120×90】【120×600】【125×125】【160×600】【224×33】【234×60】【250×250】【300×250】【320×50】【336×280】【350×80】【350×160】【350×240】【468×60】【728×90】とバリエーション豊かでおすすめですし、Google AdSenseは知名度も高くクオリティも申し分ないので初めて制作する人にもおすすめです。
このようにWebバナーのレイアウトにはいろいろなパターンがあるのです。